リラックス | おっぱい動画といえばやはり巨乳

リラックス

催眠というのは実際にあるのか無いのか、意識的にはわかりにくいものだと思います。テレビでたまに行われている催眠の特集ではプロの人がかけますよね。そうするとその人が指示するように、催眠にかかった人が行動してしまう・・・そんな事が起こります。
正直コレを真似して起こすというのは無理な話でしょう。マンガのように誰にでもできるというものではありませんし、まず出来るようになるまではかなりの鍛錬が必要になります。しかも本当にそんなことがあるのだろうか?と疑問にも思ってしまいますよね。

実際に催眠状態があるのか言われると、これはあります。そして実は私達もその状態を日常的に味わっている場合があるのです。みなさんは気がついていましたか?
いやいや、まさか普通に生活しているのにそんな状態になっているわけがない!そう思わる人も多いと思います。日常的に催眠状態になっているのであれば、何かしらの大変な事態担ってしまいそうで怖いですよね。

もちろんデレビで見るような状態にはなっていることはありません。しかしぼーっとしているときはありませんか?テレビを何気なく見ている時になんとなく考え事をしていると、いつの間にかテレビの内容が入ってこなくなり、そして考え事をしていたはずの頭のなかが空っぽになっていることに気がつく。何もせずに何も感じずにただただぼーっとしている状態になっている。そんなことはないでしょうか?
それが自己催眠状態なのです。これはリラックスしている時に起こるもので、知らず知らずのうちにその状態になっている場合があります。

しかしこれは眠っているというのではなく、しっかりと意識を持っている状態で周りで起こっていることもなんとなくではありますが認識しているのです。ですが無意識という状態でもあり、それを上手く活用するのが催眠オナニーなのです。
この状態になるには特に意識するということはありません。むしろ意識してしまうと無意識の状態ではなくなってしまうので逆に導入することができなくなってしまいます。とにかく気が散らないようにリラックスで着る環境を用意して何も考えないようにすることが大切です。

例えば部屋の温度を適温にした状態でソファーに楽な姿勢で座ってみるというのがいいですね。力を入れることなく体重をすべてソファに預けている状態、それはリラックスしやすい体勢ですし、厚さや寒さなどを感じないというのは快適さを感じやすいものです。
その他にも照明を少し落としてみるというのもひとつの方法でしょう。煌々と明かりが照りつけていればやはり目が冴えてしまいますしなんとなく覚醒している状態を連想してしまいますよね。

その他にも催眠についてのことを考えないということです。一度考えてしまうと「ほんとうに自分はかかるのだろうか?」という疑問に繋がります。肯定的であってもやはりわからないもの、実態が見えないものに対しては、どうしても疑問を持ってしまうからです。もしかすると無意識のうちに否定的な考えを持っているかもしれません。
「催眠になんてかかるはずがない!」とおもっていると、どうしても意識にバリアがはられるようになってしまい、かかりにくい状態になってしまいます。ですから特に何も考えずに頭を空っぽにするという意識を持つことが大切ですね。それができれば、かなりかかりやすい状態になっているといえるでしょう。